注文住宅にはたくさんの専門知識が必要

注文住宅をつくるには、とても多くの専門知識が必要になってきます。営業担当者や設計担当者との打ち合わせ中に、分からないことがあった場合、その場で質問して解決することもできますが、中には言葉で説明されただけでは理解しにくい内容のものもあります。また、注文住宅に関する基礎知識を身に付けていないと、打合せの内容がなかなか頭に入ってこない場合もあるでしょう。建築の基礎から学ぶにも、その範囲はとても膨大なため、その中から注文住宅に関するものだけをピックアップしていくことは難しいと言えます。そのような場合におすすめなのが、住宅展示場を利用する勉強方法です。住宅展示場は、ハウスメーカー選びの際に見学をする場であると同時に、注文住宅の基礎知識を学べる場でもあります。

住宅展示場で多くの情報を得られる

住宅展示場では、ハウスメーカーがそれぞれモデルハウスを建てています。事務所併設型にはなっていますが、基本的には実際の住まいのようにつくられているという特徴があります。巾木や窓台といった造作部材から、ダウンライトやペンダントといった照明器具、キッチンやトイレなど、住宅をつくる上で必要な情報がギュッと凝縮されているモデルハウス、たくさんの基礎知識を得られるようになるのです。モデルハウスにはハウスメーカーの営業スタッフが常駐しているため、分からないことがあれば、その場ですぐ質問して教えてもらうこともできます。 また、モデルハウスによって、モダンスタイルや和風スタイル、欧風スタイルなど、住宅の外観デザインは様々です。そのため、デザインの知識も得られるようになるでしょう。

ハウスメーカーを利用するメリット

ハウスメーカーを選ぶコツ