悪い営業マンを避ける重要性

ハウスメーカーを通して注文住宅を建てるなら、営業マンが信頼できるかどうか見極めましょう。営業マンは基本的にノルマを抱えているので、売りたいという気持ちは必ずあります。しかしあまりにも営業がしつこいようであれば、契約は避けたほうが得策でしょう。ノルマ達成を最重視すると、自身の売り上げを重視するようになり、顧客のことは二の次になってしまうからです。

営業マンは営業をするのが役割なので、契約を勧めてくるのは仕方ありません。ただし、こちらの話をしっかりと聞いてくれて、断ったらそれ以上しつこく勧めてこなければ特に問題はないです。断ったのに再度勧めてきたら、その営業マンは相手の考えを無視しています。よい営業マンは少なくとも顧客目線を重視した対応をしてくれます。

よい営業マンの特徴とは

当然ながら約束をしっかりと守ってくれることは必須です。時間を厳守する、見積もりの内訳を見せてくれる、展示場を見せてくれるなど、当たり前のことを当たり前に実行しているかが重要になります。社会人としてのマナーがなっていない営業マンは、仕事も粗末なことが多いです。ライバル他社のデメリットばかりを伝えてくる、費用の詳細を教えてくれない、といった営業マンは要注意です。

いい営業マンはこちらの希望を確認したうえで、ときに厳しい意見を言ってくれます。メリットしか話さない営業マンは、大切なことを隠したり、嘘を言ったりしているケースがあります。言いにくいことを明確に伝えてくれる営業マンこそ、誠実で信頼できる人物です。

一戸建てとは、他の住宅と隣接せず独立している家を指します。庭がついている場合が多く、駐車場代などが抑えられ、家庭菜園やガーデニングも自由自在にできます。

ハウスメーカーを利用するメリット

ハウスメーカーを選ぶコツ